Kecofinの投資情報

市場歴約40年の元証券投資ストラテジスト・ファンドマネージャーが、経済、市況分析情報を提供します。

タグ:GDP

日本のGDPは停滞している。
コロナ禍前(19年10-12月期)の水準も回復せず、増してや消費税増税前の水準ははるかに遠い。
20220216a

名目GDPの停滞が続いて困るのは、
(1)世界の中での日本のプレゼンスが落ちる(国連分担金の低下や、農産品等の買負け、防衛費を増やしにくいなどなど)
(2)雇用者報酬も伸びないことになり、生活が徐々に苦しくなっていく。商売も売り上げが伸びず、苦しくなっていく。こんな状態で原材料が上がれば、企業運営は非常に厳しくなる。

雇用者報酬は、一時的に伸ばす(伸びる)ときもあるが、結局、名目GDPの伸びに落ち着く。
20220216c


どうして、経済回復が鈍いのか
(1)消費税増税で消費が落ち込んだところに、コロナ禍に入り、雇用者報酬がそれほど落ち込んだわけでもないのに、消費マインドが冷え込んだままである。社会保険料がチマチマ上がっていっているのも消費者の将来不安を掻き立てる。財政赤字拡大を異常に国民に心配させ、将来の増税・社会保険料増(そういえば、失業保険料も上がる)、年金減の不安を煽っている。
20220216b

(2)原油価格などエネルギー価格が上昇しており、原油の輸入量は増えていないのに、輸入金額ばかり増えている。日本が輸出や海外で稼いだお金を原油の値上がりで持っていかれている。家計は、光熱費が増え(使用料は同じでも、使用料金は増える)、その分、他の消費が抑えられる。原油価格があがれば、ガソリン価格も上がり、輸送コストも上昇、ハウス栽培コストも上昇、などなどで物価は上昇。ますます消費が手控えられる。


どうすればいいのか?
日本は、国際収支上の所得収支が大幅プラスで、安定的な経常黒字国である。
消費が増えて、輸入が増えて、貿易赤字になって、経常赤字になって、その分、海外から借金しなければならないということはない。
であれば、消費マインドを上げて消費意欲を高めることである。
消費意欲を高めるには、安定的な所得を保証することである。(昔のように、経済成長が続いているときは、そんなことをしなくても、将来の賃金増は想像できた。)
一時的な賃上げは必ずしも消費に回らないばかりか、一時的な賃上げができない企業も多い。
結局、安定的な所得の保証は一つしか手がない。例えば、政府が四半期ごとに全国民に一律10万円を給付することである。財源は、国債発行、累進課税、金融所得課税、金融資産課税である。経済が拡大してくれば、税収が増えてくるので、国債増発などは不要になる。
たぶん、この分配政策しかないような気がする。

あるいは、インフレによる物価上昇と賃上げのスパイラルである。名目GDPは拡大する。ただ、これは今の日本にとっては厳しいかもしれない。


















中国経済データの入手は難しい。データベースとしての発表が遅いからだ。
まずは、プレスリリースの文章の中で発表される。
というわけで、新聞記事(今回は日経)から拾った数値でグラフを作った。
過去データが曖昧なので、完全に正確ではないと思うが、概ね傾向には間違いはないだろう。

余談
5年程前、中国の経済データがベンダー(Bloomberg、Datastream、FactSet)で違うので、問い合わせてみた。BloombergとFactSetは過去に発表になった数値をそのまま残していた。Datastrem社からは、その後発表になった数値を駆使して、まるで産業連関表のようなものを作って推計していて、「今公表されている最新のあらゆるデータから推計(つじつま合わせ)したものだ。」との回答があった。そして、その産業連関表のようなものをexcelファイルで送ってきた。
さすがデータベースのプロだと感心した。
こういうのを知っていると、今の日本のGDP統計算出にも使われる「建設工事受注動態統計」に拘るごたごたも、何を騒いでいるのだろうと思う。

GDP前年同期比増加率
前年の2020年が新型コロナ感染拡大で一時経済活動が止まった反動があるので、実態がわかりにくい。
20220117m

GDPデフレーター前年同期比上昇率
ただ、実質GDP成長率が低下してる背景には物価高(デフレーターの上昇)もある。
20220117n

GDP2年前比増加率年率
新型コロナがなかった2年前と比べると、GDP成長率が趨勢的に落ちてきているのがわかるが、名目GDPは8%をキープしている。
20220117o





中国の2021年7~9月の実質GDPは前年同期比4.9%増だった。
前期比では殆ど横ばいの0.2%増(年率0.8%増)。

次のグラフは、中国のGDPの2年前に比べてどれだけ成長しているかを見たものである。
昨年の成長が歪んでおり、歪んだ昨年と比べてもしようがないので、2年前と比べている。
20211018a

習近平国家主席は成長よりも、経済格差を是正する「共同富裕」政策をとっており、そのため成長減速している。

以下、中国GDPの見方 - Kecofinの投資情報 - GogoJungle へ。



2月の米鉱工業生産指数は前月比2.2%低下。
<参考>■2月の米鉱工業生産、2.2%低下 寒波による稼働停止で: 日本経済新聞
2月の米小売売上高は前月比で3%減少した。
<参考>■米小売売上高、2月は3%減 寒波で一時的落ち込み | ロイター

20210316a
小売売上高は前月伸びすぎた反動減という面があるが、鉱工業生産の減少はまずいだろう。
鉱工業生産は、3か月前と比較しても減少している。
20210316b

米鉱工業生産と小売売上高から2021年1ー3月期の実質GDP前期比成長率(年率)を推計すると2.6%となる。通常時なら前期比伸び率2.6%は悪くないにしても、この回復期にこれでは困るだろう。金融・財政政策が正当化されるデータだ。(但し、市場が気にしているのは、経済成長率ではなく、インフレの方だが・・・)
20210316c
20210316d

日経やロイターの記事を見ると、2月中旬の厳しい寒波の影響のようで、寒波の影響を除くと製造業は0.5%程度のマイナスで、鉱業は0.5%程度のプラスだった。

<参考>■The Fed - Industrial Production and Capacity Utilization - G.17
In February, total industrial production decreased 2.2 percent. Manufacturing output and mining production fell 3.1 percent and 5.4 percent, respectively; the output of utilities increased 7.4 percent.

The severe winter weather in the south central region of the country in mid-February accounted for the bulk of the declines in output for the month. Most notably, some petroleum refineries, petrochemical facilities, and plastic resin plants suffered damage from the deep freeze and were offline for the rest of the month. Excluding the effects of the winter weather would have resulted in an index for manufacturing that fell about 1/2 percent and in an index for mining that rose about 1/2 percent. Both indexes would have remained below their pre-pandemic (February 2020) levels.

At 104.7 percent of its 2012 average, total industrial production in February was 4.2 percent lower than its year-earlier level. Capacity utilization for the industrial sector decreased 1.7 percentage points in February to 73.8 percent, a rate that is 5.8 percentage points below its long-run (1972–2020) average.


20年10-12月期まで急回復。21年は成長鈍化へ。

20年10-12月期は急回復持続。
実質GDP前期比年率成長率は+12.7%。(7-9月期は同+22.7%)
GoToキャンペーンなどもあり、実質個人消費(家計最終消費支出)は前期比年率+9.0%となった。
設備投資も拡大。輸出も伸びた。
住宅投資は停滞しているが、総じて良好だった。
20210215b20210215a
今更アベノミクスの目標など不要だが、アベノミクスが成功していれば、全く違う世界になっていた。2014年4月1日の消費税増税の影響が大きかったと思う。

今後は成長鈍化へ
20年10-12月期のGDPの前期比伸びは、あくまで回復で、持続的拡大というわけではないだろう。
昨年末ごろからは感染症再拡大の影響(東京など一部地域に緊急事態宣言が発令された)もあり、雇用者報酬も伸びていないことから回復から拡大へ進展していくのは難しいだろう。

とりあえずは、ここまで。
時間があれば、続きを。

↑このページのトップヘ