Kecofinの投資情報

市場歴約40年の元証券投資ストラテジスト・ファンドマネージャーが、経済、市況分析情報を提供します。

タグ:資金循環統計

日本株2020年10-12月期需給について、事後的な需給をいくら見ても、今後の相場予想を考えられない。しかし、やはりドコモの買収資金は大きかった。

資金循環統計より 2020年10-12月期について
注目点は2点
(1)公的年金が大きく売っている。
リバランス売にしては大きすぎる気がする。GPIFのレポートを見れば、何かわかるかもしれないが、見ていない。

(2)何といっても、NTTによるドコモの完全子会社化
技術的な問題(ドコモが市場から消える)からだと思うが、資金循環統計では、NTTがドコモを約8兆円売却して、約12兆円の自社株買い(この結果ドコモはなくなる)したような格好になっている。ネットで約4兆円が市場に入ったことになる。
4半期(あるいは年)に4兆円の自社株買いなんて、過去を見ても全くない。それどころか、以前は、増資が普通だった。
2021年1‐3月期、よくわからない資金が市場を徘徊していたように思うが、この4兆円がステルスでさまよっていたのではないかと思う(確認がとれない)。

20210423a

20210423b

20210423c
グラフは、2020年12月末。%はあっているが、合計金額は間違えた。面倒なので、訂正はしない。



より詳細なデータ数値はexcelファイル
興味があれば、右クリックで「名前を付けてリンク先を保存」してください。



昨日発表された資金循環統計より
2020年7-9月期につぃて
・金融持ち株会社(どこかは調べていない)が大きな自社株買いを行ったことにより、株式の純発行額は6,656億円のマイナス。
・最大の買い手は日銀のETF購入で、14,547億円。
(注)日銀のETFを通じた株式購入は、資金循環統計では投信に分類されている。東証の集計データでは形式的に主に証券自己に分類される。
・次に大きな買い手は、農林水産金融機関で10,019億円。
農林水産金融機関(農林中金など)の売買はかなりダイナミックなのだが、実態は私にはよくわからない。
・次に大きな買い手は証券会社で8,551億円。裏(真の買い手)は不明。
・最大の売り手は事業法人で11,807億円の売り。ソフトバンクGは約12,400億円相当のソフトバンク株式を売り出した。ただし、ソフトバンクGは一方で相当の自社株買い(マイナスの発行になる。以下の表には発行は負債側になるので、ない)も行っている。
・次に大きな売り手は海外投資家で11,469億円の売り。
・公的年金が6,047億円の売り。大部分はGPIFと思われる。理由は不明だが、資金流出が起きたのだろうか?
いろんな動きがあったが、要は、海外投資家の売りを日銀が買い支えた構図。

20201222a


保有残高では、9月末時点で、日銀のETF保有(40.7兆円)が、全上場株式の6.4%。
20201222b


以上、相場の予想の材料にはなりにくいが、状況把握のため。

データ数値はexcelファイル
興味があれば、右クリックで「名前を付けてリンク先を保存」してください。


↑このページのトップヘ