Kecofinの投資情報

市場歴約40年の元証券投資ストラテジスト・ファンドマネージャーが、経済、市況分析情報を提供します。

タグ:生産者物価指数

米国の3月コア生産者物価は、前年同月比+3.1%。急上昇している。これが消費者物価指数に跳ね返る可能性はそれなりにあろう。FRBが言うように一時的か?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

米労働省が発表した3月生産者物価指数(PPI)は前月比+1.0%と、2月+0.5%から伸びが拡大した。前年比では+4.2%。伸びは2月+2.8%から拡大し2011年9月来で最大。
変動の激しい食品やエネルギーを除いたコア指数は前月比+0.7%。伸びは2月+0.2%から拡大。前年比では+3.1%。伸びは2010年来で最大となった。

・米・3月生産者物価指数(PPI):前月比+1.0%(予想:+0.5%、2月:+0.5%)
・米・3月生産者物価コア指数:前月比+0.7%(予想:+0.2%、2月:+0.2%)
・米・3月生産者物価指数:前年比+4.2%(予想:+3.8%、2月:+2.8%)
米・3月生産者物価コア指数:前年比+3.1%(予想:+2.7%、2月:+2.5%)


市場の予想を上回ったが、予想外ではない(ベース効果)。
FRBも分かっている。
但し、FRBはこれが一時的と考えている。
それでも、市場は気にしよう。
市場がどのように考えるか?
「インフレが来た」と思うか?
20210409

今、市場が最も気にしているのは、金利上昇の背景になっているインフレ懸念だ。
市場がインフレ懸念を持っているのは、
(1)ドル安が輸入インフレを起こすのではという懸念。
(2)原油価格の上昇
(3)原油だけでなく、コモディティー全般の価格が上昇していること。
(4)ISM指数のサブ指数の物価指数が上昇している。
(5)インフレリンク債利回りから計算される期待インフレ率が上昇している。
(6)小売売上高などに見るように景気は悪くないが、1.9兆ドルの追加経済対策を行えば、景気過熱を起こすのではないか、ということ。

ひとつずつ確認する。
(1)貿易加重ドル指数前年同期比上昇率
は、物価上昇率に、やや先行して連動する傾向がある。
コアPCE物価上昇率が2%を超えて上昇していくほどのドル安にはなっていないが、物価上昇率が高まっていく可能性があることを示唆している。
20210223a

(2)原油価格前年同月比上昇率
米国は車社会である。ガソリン価格が物価に与える影響は大きい。
昨年4月の平均原油(WTIスポット)価格は16.55ドルに落ち込んだ。今は60ドルを超えている。このまま推移すれば、4月の原油価格前年同月比上昇率は262%となる。
全面的に物価に跳ね返るわけではないが、どの程度物価を押し上げるか懸念される。
20210223b

(3)米生産者物価指数(PPI=Producer Price Index)前年同月比上昇率
生産者物価指数は、米国製造業者の販売価格の指数である。
これも、コアPCE物価上昇率が2%を超えて上昇していくほど強くはないが、物価上昇率が高まっていく可能性があることを示唆している。
20210223c

以下は、次回に続く

↑このページのトップヘ