Kecofinの投資情報

市場歴約40年の元証券投資ストラテジスト・ファンドマネージャーが、経済、市況分析情報を提供します。

タグ:投資部門別売買状況

気が付いたことのメモ
なお、今回の内容は、証券自己に関する過去のブログの延長上にある。

昨年度末に証券が自己で大きく買った株を、新年度に入って売ってくる可能性がある。これを、海外投資家が受けなければ、日本株相場は大きな下げになる可能性がある。下げれば、年金や個人が買ってくるだろうが。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

謎の自己の買いだが、
自己≒裁定取引によるもの(海外投資家の先物が多い)+日銀ETF買い+その他
だが、裁定取引と日銀ETF買いについては、謎ではない。
なので、その他≒自己-裁定取引-日銀ETF買い
を見てみると、
20210408a

(1)この現象は、時々起きているようだ。特に年度末に多い。
(2)しかし、今年ほど大きかったことはない。
(3)2020年後半の買いは、4兆円TOB〆後に市場で売られたドコモを買ったのだと思う。これはそのままNTTが引き取ったので、反動はなかった。
ドコモの4兆円TOBはどこに消えたのかと思っていたが、相場を支えるのに大いに貢献したようだ。かつ、日銀のETF買い出番を無くすのに役だったようだ。
参照 外人支配が崩れた日本株相場
(4)2019年年度末(2019年3月28日がピーク)にも同様のことが起きている。しかし、新年度に入って大きな巻き戻しが入っている。今年も同様なら、ここから自己の大きな売りが出ることになる。
(5)これを、海外投資家が受けなければ、大きな下げになる可能性がある。下げれば、年金や個人が買ってくるだろうが。
(6)なお、証券自己のその他は、通常売り越しになる。場外で引き受けた玉を市場で売りに出してくるからだ。個人も同様だ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4月8日 3月29日~4月2日の週の投資部門別売買状況が発表された。
まだ、前年度が入っているので、新年度の動きは見えない。
ただ、海外投資家は先物で大きな売りを出していた。
しかし、注目の自己は買い越し。4月に入ってどうなっているのだろう?
やっぱり、来週発表データを見たい。






東証が発表した投資部門別売買状況
外人が売った、個人が買った、などという話ではない。
証券自己勘定が最大の買い手だ。証券が自己のリスクで株をこんなに買うわけはないから、後ろに誰かいるわけだ。
それは誰だ?
新年度に入ると、状況は変わるのだろうか?
その正体に大いに興味がある。

20210401a

4週平均で見ると、証券自己の買いが鮮明だ。
20210401b

最近の日本株の買い手は証券会社の自己である。もちろん、証券会社が手張りしているわけではない。では、その裏にある真の買い手は?
---------------------------------------------------------------------------------------- 
毎週、東証から発表される投資部門別売買状況であるが、4週平均で見ると、最近の日本株買いは専ら、証券会社の自己勘定だ。
20210323a

証券会社の自己とは何か?読んで字のごとく、証券会社が顧客から受けた注文ではなく、自身による売買いだ。といっても、証券会社が投資しているわけではない。何らかの紐づけがなされている。
(1)ETFの新規設定の際、証券会社が自己で株を集める。日銀がETFを購入するときに発生する。
(2)海外投資家が先物で日本株を買ってきたとき、証券会社はそれに売り向かうとともに、裁定取引で現物株を買う。
(3)その他

つまり、概ね、
自己=海外投資家の先物買い+日銀のETF買い+その他
であるが、これを検証すると、今年に入ってから「その他」が急に増えている。
こんなことはグラフをもっと前まで遡ってもなかったことだ。
今回の「その他」は謎だ。謎だが重要だ。何故なら、今日本株を買っているのは専らこの謎の投資家だからである。
20210323b

謎の投資家の正体はなんだろう? いろんなマーケットコメントを見ても解説が見当たらない。
ひょっとして、ETFの組成が相次いでいるのだろうか? それとも・・・?
勿論、証券会社はわかっているわけだが、口外するわけもない。

というわけで、相場の需給分析は行き詰まってしまった。

↑このページのトップヘ