Kecofinの投資情報

市場歴約40年の元証券投資ストラテジスト・ファンドマネージャーが、経済、市況分析情報を提供します。

タグ:中国

それは金(カネ=ドル)である。
日本は世界最大の対外純資産国である。
しかし、外貨準備は中国がNo1である。
20210317p

両者の違いは何か?
対外純資産は、民間と政府の対外純資産(対外資産から対内資産を引いたもの)である。
外貨準備は、政府の保有する対外資産である。

日本は、民間が貿易等で稼いだ資金を、主に民間が対外投資する。つまり、民間が保有する海外資産が大きいということである。
中国は、民間が貿易等で稼いだ資金を元と引き換えに政府が吸収する。従って、政府が保有する海外資産(外貨準備)が大きい。

中国政府はこの世界No1の外貨準備を、対外戦略に使っているのである。
しかも、恐ろしいことに、対外純資産も香港を加えると、日本を越えて世界No1になる。

米国は唯一のワールド・マネーをプリントできる国である。その資金で輸入を行い、相手国に恩恵を与えている。おかげで、貿易赤字は大きく、対外純資産はとんでもないマイナスである。
中国は、保有するドルを貸したり、海外でインフラ事業を行い、相手国を牛耳っている。

米国はワールド・マネーを自らプリントできるが、中国は主に米国との貿易でドルを得た(中国への直接投資もある)。つまり、米国は中国に貿易でドルを与え、中国はそのドルで新興国などを牛耳っているのである。また、中国は人口が多いので対米で稼いだ資金で戦略的にドイツや資源国から輸入を行い、相手国への影響力を高めている。

米国政府がいくら中国にファイとしても、米国民間が中国に直接投資を行い、中国から輸入をすれば、今の図式は変わらない。米国が中国に圧力を加えたければ、米国企業を制御する必要があるが、米国ではそれは簡単ではない(中国が中国企業を制御するのは簡単)。
日本でも、楽天は中国テンセントと提携して、日本製商品を微信(ウィーチャット)を通じて販売したいようだ。また、テンセントの楽天株の保有割合は3.65%となる。民間にとって中国は魅力的だ。それも、中国がドルを持っているからだ。

もはや、中国の世界覇権については、抜き差しならない状態になりつつあるようだ。

20210317q




中国の野望はわかっているが、中国がどういう政策をとっているのか全てはわからない。
参照 トランプ大統領 文在寅大統領 習近平国家主席 安倍首相

経常黒字で得た資金を対外直接投資、新興国経済支援に使い、海外への影響力を高める政策をとっていることは間違いないだろう。
経常黒字のために貿易収支の黒字ばかりが伸びるのは好ましくないかもしれない。ホンネは輸入は増えても、中国への輸出代金を元で受け取ってもらいたいだろう。そして、中国からの輸出代金をその元で払ってもらいたいだろう。

旅行支出の拡大は望まないだろう。旅行の場合、どうしても相手国の通貨を買うことになるからだ。
旅行収支の赤字拡大で、中国の経常黒字は縮小しつつあった。
20201130a

なお、サービス収支のほとんどは旅行収支である。
20201130b

この不都合を、新型コロナ感染拡大で、一発で逆転した。中国の海外旅行が止まってしまったのだ。
そうして、経常収支は大きく改善した。
原油価格の下落もあって貿易収支も大きく改善したが、これは長くは続かないだろう。しかし、それでいいのだろう。貿易収支ばかり拡大すると、摩擦が起きる。
20201130c

新型コロナ感染拡大は中国経済を復活させた感がある。
狙ってやったのならすごいが、さすがにそれはないだろう。
それよりも、何もかも中国に都合よく世界が回っているように思う。
やはり、全てを共産党がコントロールしているところが強みだろう。
勿論、一党独裁だからうまくいくということではない。
策略に長けているということだろう。



↑このページのトップヘ