Kecofinの投資情報

市場歴約40年の元証券投資ストラテジスト・ファンドマネージャーが、経済、市況分析情報を提供します。

タグ:フィラデルフィア連銀製造業景況指数

5月20日発表の米国経済指標 5月フィラデルフィア連銀景気指数はチョッと低下も十二分に高い。価格指数はとんでもなく高い。5月15日週新規失業保険請求件数はさらに低下。状況は何も変わっていない。

(1a)5月フィラデルフィア連銀景気指数
20210521a

(1b)5月フィラデルフィア連銀価格指数
20210521b

(2)失業保険 継続受給者数 と 新規請求件数
20210521c
継続受給者数が減少しない。一度、失業保険給付を受けたらやめられない。

バイデン式追加失業手当のジレンマ…米国「雇用ショック」の理由は?│wowKoraより
バイデン政府の追加刺激政策に基づいて、連邦政府は9月まで、週300ドルずつ追加失業手当を出している。ウォールストリート・ジャーナルによると、例えば米国北西部のモンタナ州の場合、州全体の1人当たりの失業給付は最大572ドルだ。今はこれに加えて、連邦政府が出す追加失業手当は300ドルだ。あえて働かなくても毎月3488ドルを受け取ることができる。
バンク・オブ・アメリカ(BoA)グローバル経済研究所長は「パンデミック前年の所得が3万2000ドル未満であった層は、就業するよりも失業手当を受けるのがよいと推定される」とし「飲食店、ケアサービスなど低賃金業種で労働者を雇用、維持するのは当分の間は容易ではないだろう」と述べた。

といっても、最近の景況感からはそう驚くこともないかもしれない。

フィラデルフィア連銀製造業景況指数とは、フィラデルフィア連銀行が発表するペンシルベニア、ニュージャージー、デラウェア州の製造業の景況感を示す経済指標。

3月の米フィラデルフィア連銀製造業景況指数は51.8に上昇。
振れが大きい指標だが、それにしても、1973年4月(53.6)以来、ほぼ50年ぶりの高さである。
20210319a


そのサブ指数の一つである支払い価格指数は75.9。あの1980年3月(78.5)以来の高さである。
「あの」というのは、1980年3月は現行の物価統計がある1960以降で最高値(14.8%)をつけた月であるということだ。
もっとも、これほどの上昇は、来るべく4月の原油価格の前年同月比の上昇を反映したものであろうから、基調的・持続的ではないだろう。
それでも、景況感の強さから、先行きの物価動向について、FRBとは違って市場は大いに懸念している。
20210319b

↑このページのトップヘ