少々前のことだけど、時事のニュースより
菅首相、最低賃金「早期に1000円」 地方へ人材1万人―諮問会議:時事ドットコム

政府は3月22日の経済財政諮問会議(議長・菅義偉首相)で、今後の経済再生策を議論した。菅首相は東京一極集中の是正と地域経済の活性化を目指し、大企業から地方の中小企業への人材派遣を強化するため、「政府系ファンドを通じて金融機関や商社などから1万人規模の人材をリストアップする」と述べた。

菅氏は「地方の活力無くして、国の活力なし」と、地方の活性化に重点を置いていることは知っているが、こういう方法を取るのだろうか?
まずは、官邸が地方へ移るのが筋だと思うが。

政府系ファンドって、何?
金融機関や商社などに「東京から地方の中小企業へ派遣する人材を1万人リストアップして提出してください」と言うのだろうか?

首相官邸メールマガジン | 首相官邸ホームページ
菅総理からのメッセージ 3月22日(月)
東京都と地方の人の流れは、23年ぶりに7か月連続で転出超過となりました。こうした動きを加速し、日本全体を活性化します。
大企業の人材を、地方の中小企業に派遣するため、政府のファンドを通じて、金融機関や商社などから早期に1万人規模の人材をリストアップします。
さらに、人材を自治体に派遣して地元の企業の支援を行う仕組みも始まります。各省庁が連携して派遣実績を増やしていきます。


もう少し詳しく知りたいと思って検索していたら、日経の記事に当たった。
新型コロナ: 首相「1万人をリスト化」 大企業から地方中小に派遣: 日本経済新聞
官民ファンドの地域経済活性化支援機構(REVIC)。東京の大手金融機関や商社などから地域企業の経営人材として働きたい人をとりまとめ、同機構がリストにする。地域の中堅・中小企業はリストを検索して人材を探し、働き手と企業のニーズがあえば派遣が成立する。