私は基本的にETFしか買わないので、個別株には特に興味はないが、

参考 今やETFは何でもある。銘柄一覧 | 日本取引所グループ

時々、気になった銘柄にチョット手を出すことがある。

家の風呂が故障して修理を依頼したTOTO(5332 株価チャート)の対応ぶりがあまりによかったので、つい買ってしまう。

新型コロナのワクチン接種の話が出てきて保冷庫製造会社の話題が出てくるとツインバード工業(6897 株価チャート)を、と言いたいところだが、全く知らない会社だったので、それはおいといて、注射器を作っている会社を探すと、数が多すぎて決めきれない。無難なところでテルモ(4543 株価チャート)かな? これは結局買わなかった。

今日、シマノ(7309 株価チャート)の株価が大幅上昇した。20年12月期の純利益が22%増となり、今年度も21%増の見通しと発表したからだ。配当は、創業100周年の記念配200円を含めて355円(前の期は155円)とすることも発表された。新型コロナウイルスの感染を回避するための通勤手段や、余暇として自転車の人気が世界的に高まったことが追い風となったらしい。これって知ってる人(自転車店の人など)は皆、わかっていたことだろう。

投資の楽しいところは「たられば」である。「あ~あ、買っておけばよかった」というのが楽しい。

数年前、Gサーチを通じてリスクモンスター(3768 株価チャート)のサービスを個人で何度か利用したことがある。リスクモンスターってすごい社名だ。
同社は東京商工リサーチの企業情報を活用しネットで与信管理サービスを提供している。企業の信用情報を知りたくなったら、簡単な内容であるが、比較的安くネットで簡単に調べることができる。個人でも利用できる。1社を調べるときは、費用は1000円程度だったと思う。
自分の日記を見ると、2018年6月11日に『これはいい。この会社をウォッチしている人も少なそうだ。株価に妙味は感じられないが、買ってみようかと思う。』とある。当時の株価は1300円程度だった。
今日、株価は前日比15.95%上昇して3,075円になった。20年4~12月期決算は営業利益が前年同期比37%増となったからだ。

野村総研(4307 株価チャート)、私が運用会社で働いていたとき、同社は投信システムの独占企業で、どうしようもないなぁと思っていた。要は知っている会社だ。自転車屋がシマノを知っているのと同じだ。

私は、基本的にはETFしか買わないが、時々気になった銘柄に手を出してみる。にもかかわらず、出し損ねた時は「あ~あ、買っておけばよかった」となる。それが楽しい。

あと、楽しいのは「買う下がる、売る上がる」の法則を実践することだが、この話は改めて。